ギャル系の多い北九州風俗

 >  > なじみの店じゃない北九州の店に行って……

なじみの店じゃない北九州の店に行って……

なじみの風俗店以外に行くときって、緊張しませんか?とくにドキドキするのが、今まで行ったこともない地域のお店。なじみの店がある地域の店だったら、ある程度女の子や店員さんから直接情報も入ってくるし、自分でも宣伝や店舗を見かけてことがあるから何か安心感がある。だいたいこんなもので進んでくだろうっていう予想もきくから、わりと何も考えずに店に入っていける。でも、完全にアウェーのところだと、人見知りする僕としてはきつい。対策として、もうすっかり向こうにお任せという姿勢をつらぬくことにしてます。まず店に入った瞬間から、もう店のなすがまま。「今、誰が大丈夫ですか?」って聞いて、「この中ではだれがおすすめですか?」ってすすめてもらう。いよいよ姫とご対面となった後も同じ。部屋に入ってからは、向こうにすっかりおまかせ。プレイ内容もまったくこっちからアプローチすることもなく、されるがままに動くことにしてます。それでこの前行った北九州の風俗店では大正解でした。北九州のお店はかなりレベル高かったですね。

北九州はマッサージで大正解

出張先の北九州市の風俗店でけっこういい体験しちゃいました。出張のときって、初めての土地ってことで気分も開放的になってるのか、けっこうチャレンジ精神が旺盛になります。で、そのチャレンジ精神で、なんとなく見かけた北九州の性感マッサージの看板の店に飛びこむことに。まあ出張先で緊張して、肩がこってたのもあって、疲れをほぐして欲しいっていう潜在的な欲望もあったのかもしれません。いつもは風俗はヘルスをメインに使ってるんだけど、なぜかそのときは「マッサージ」に惹かれたんですね。これが大当たりでした。最初部屋に入ったときに何気なく出張先に用意していてあまったお土産を渡したら女の子が大喜び。「うれしー、ありがとう。これ、食べてみたかったんだ」って素直にお礼を言う感じがもうかわいくて。基本、性感マッサージって女の子は着衣で肌見せしてくれないんだけどちょっとおねだりしたらチラ見させてくれたりとサービス精神満載。しかもマッサージ自体がうまくて。よかった。

[ 2016-05-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談